ニューヨークの一角

FXの比較にレバレッジはあまり関係ない

証券会社 FXにおいて成功していくためには、毎回様々な項目の比較をします。しかしFXでは、レバレッジの比較はあまり関係がありません。なぜならば、日本は世界各国の中でもレバレッジの規制が厳しい国として知られているからです。そのため、日本国内のサービスでレバレッジの比較をする場合にも、ほとんど差がないということがいえるのです。

FXを日本国内のサービスで行う分には、それほどレバレッジに関しては比較をせずに行ってもいいでしょう。むしろ、レバレッジ関連で重要になってくるのは、どのくらいのレバレッジをかけてFXの取引をするか、つまりレバレッジの倍率です。

FXにおいては、最大限にレバレッジをかけた取引というのは避けるべきです。なぜならば、レバレッジが高くなればなるほど、ロスカットの危険性が増えてくるからです。最大倍率は会社によって異なりますが、強制的にロスカットされてしまうと、その時点で損失が確定してしまいますので、どうしようもありません。そこで重要になってくるのがレバレッジコントロールです。日本においては、レバレッジをどこまでかけられるのかということよりも、レバレッジコントロールの方が重要になってくることを覚えておきましょう。

トピックス