ハイヤーの安全対策について

ハイヤーはお客様を乗せて目的地までお連れすることがメインの仕事内容であるため、安全第一が基本となっています。安全面で大事なことは、ハイヤーの運転手の技術面も大事ですし、安全面をサポートしてくれるような装置を車両内に設置することも大事なことといえるでしょう。私たちが車内の安全対策として利用しているドライブレコーダーもそのひとつです。ドライブレコーダーの設置は、事故防止を徹底するために欠かせないものです。全車両にドライブレコーダーを装備することで、運転記録を振り返ることができます。ひやりとするような映像を再度確認し、危険情報を分析。会社内にある安全対策を分析するチームと運転手が情報を共有し、安全運転に対する意識を高めることにつなげていきます。

このほかにも、ドライブレコーダーが設置されていることで、交通事故に巻き込まれたときに証拠として提出できます。どれくらいの速度で走って来たかなどすべてのことが分かるので、交通事故を起こしたり起こされたりした際に役に立ちます。気が動転してよく覚えていない、相手側の圧力にも屈することなく、ドライブレコーダーの画像が証拠となり正当な判断が可能です。

安全対策はこのほかにもあり、テレマティクス車輌動態管理デバイスであるジオタブが設置。運転手の運行内容は3G回線を通じてリアルタイムに把握されており、運転品質向上のための改善に役立っています。ただ運転状況を把握するというものではなく、速度超過や急ハンドルや急ブレーキなどがあれば、車内の運行管理者に通知されるというシステムです。運転手に運転時の聞き取りや急な場合の対処法の指示が行われます。同時に、これらの情報は運転手全員で共有することにより、すべての運転手が安全運転に生かすための対策が取られています。

また、ハイヤーに使われている車両が高級車ばかりとであることからも分かるように、これらの車両には運転支援システムが完備。衝突被害軽減自動ブレーキや、リヤビークルモニタリングシステム、車線逸脱防止装置などが標準装備されています。事故をできる限り起こさせないような工夫が随所に見られるので安心して乗車できるでしょう。ハイヤーに使われている車両そのものが、どの車両もしっかりとしたボディであるため、衝撃には強い車種ばかり。実際にテレビで車両の正面衝突事故が起きたときに、高級車が衝撃に強いことを思い知らされる場面を目の当たりにすることがあります。ハイヤーに高級車が選ばれていることのひとつに、衝撃に強いというのも理由のひとつとなっているのも納得です。