ハイヤーの料金システム

ハイヤーの料金システムは事前に見積もりを出して貰い、納得した上で契約するものです。よって、乗車する前からだいたいの料金は分かっています。見積もり時の内容であれば、この費用というようなものを出してくれるため、クレジットカード決済などを利用する場合がほとんどです。もし、何らかのオプションを付けられる場合は、それらの料金が上乗せされます。無理に何かを勧誘してくるようなことはなく、こちらからの要望があればオプションを付けるというのが一般的な流れです。ハイヤーの予約そのものが時間と距離に応じたものであり、実際のところ近場の送迎となるともったいないような場合もあります。いわゆる、最低時間が決まっていることが多いため、時間が余ってしまうことがあるのです。このような場合、少しドライブして欲しいなど要望を出すお客様はいるようです。

また、当然のことながら使用する車両によっても料金の違いはあります。セダンタイプとバンタイプでは少し違いがあることが多く、そもそも定員が違うため当然のことといえるでしょう。加えて、完全予約制を取っていることもあり、ハイヤーの料金で走行距離が加味される会社の場合、走行距離は営業所から出発した時点から計算されます。営業所から迎えにきてもらう自宅までが遠い場合、それだけで走行距離は長くなってしまうので料金が掛かってしまいます。運転手の労働時間がそれだけ長くなることや、ガソリンなどの燃料も使うことになるため当然のことです。ハイヤーの場合は完全予約制を取っているので、予約時に見積もりを出してもらえます。その場では出して貰えなかったとしても、乗車する前までには見積もりがはっきりするので、料金に不満がある場合は予約しないという選択肢もあります。見積もり無料というところであれば何ら問題はありません。

個人利用でハイヤーを利用する場合、その多くがスポット利用と呼ばれるその都度利用するという方法です。このような利用方法以外に、中長期的に利用する場合はその都度予約するのではなく、「週に3回」や「平日のみ毎日」というような継続した予約を取ることもできます。この場合は1回あたりの費用は少し安く済むことが多いため、事前に問い合わせてみるといいでしょう。ハイヤー会社としても、継続して利用してくださるお客様は大事にしたいと思っているため、想像しているよりも割安になる可能性もあります。いずれにしても、乗車前に料金が分かるシステムというのはありがたいものです。