ハイヤーとタクシーの違いについて

なにかと比較されがちなのが、ハイヤーとタクシーの両社の違いでしょう。どちらも私たちを希望する場所に車両を使って連れて行ってくれることは共通しています。ハイヤーの場合は事前に日時を予約した上で自宅や会社まで迎えに来てくれますが、タクシーは事前に予約するものではなく、必要になったときに依頼するシステム。自宅まで来てもらうこともできますが、その多くは出掛けた先でタクシーを見つけて拾うというパターンでしょう。このようにタクシー拾う場合、タクシー会社を気にする人はそう多くはありません。気にしているのは、早くタクシーを捕まえたいことのみです。もちろん、このタクシー会社が好きという好みはあるかもしれません。それにこだわっていると、タクシーそのものを捕まえることができなくなります。

一方、ハイヤーは事前に予約をするので、自分で選んだ会社に見積り依頼をします。ハイヤー会社を選ぶ基準は、誰かのおすすめやホームページで気に入ったところに目星を付けるパターンが多いようです。選んだ会社に依頼する点がタクシーとの大きな違いと思われます。

また、車両の違いがあります。ハイヤーの場合は誰が見ても高級車と口をそろえる車種ばかりです。国内外の高級車と呼ばれる車両が使われており、セダンタイプからバンタイプまでそろっています。色は黒塗りが基本です。ハイヤーが黒塗りである理由はいくつかあり、高級感があることや、何色にも染まらない黒という色は汚職をしない中立の意味があって選ばれています。黒塗りの車は汚れが目立ちやすいので手入れが大変といわれていますが、手入れをしっかりしていれば一番美しさが際立つようにも思われます。

タクシーの場合は会社によって色が違っており、会社名が分かるような個性的な車両もあります。街中を走ることによって宣伝効果もあるため、派手な色をモチーフにしていたり、社名表示灯にパンダなど動物を使っている場合もあります。マスコットキャラクターのような扱いで、一般的に広く浸透させるために動物などを使っているのでしょう。車両は4ドアのセダンタイプが一般的とはいえ、最近はあらゆる車両を見かけます。ハイブリッド車や小回りのきくタイプ、ミニバンタイプを見かけることも多くなってきました。さまざまなシーンで利用して貰えますし、会社の個性を出すためのこだわりもあります。使われている車両の多くが派手に塗装されていることが多いのもハイヤーとの違いといえるでしょう。